ディスクゴルフとは

初めてのディスクゴルフ

初めてでもすぐわかる!ディスクゴルフとは

ディスクゴルフとはスタート地点からゴールまでフライングディスクを何回投げたか(少ない方が良い)を競うスポーツです。自然の中で思いきりディスクを投げて家族や友達と初めてのディスクゴルフを楽しんでください。

ディスクゴルフってどんな競技?

数あるフライングディスクを用いた競技の中で、個人でも複数人でも楽しめるスポーツであるディスクゴルフ。名前の通りルールはゴルフに似ており、ゴールとなるバスケット(ターゲット)にディスクをどれだけ少ない投数で入れられたかを競います。

ディスクゴルフコースは屋外競技なので、公園の木々、山の傾斜や、川や岩などの障害物を利用したコースを把握し、風などを読み、ディスクを自由に投げて(転がしてもOK)ゴールを目指しましょう。 詳しい遊び方は下記をご確認ください。

世界で愛されるディスクゴルフ

ディスクゴルフはアメリカを中心に発展してきたフライングディスクのスポーツの1つ。どこからスタートしたのかは諸説ありますが、世界で初めて公式のコースができ、世界選手権が行われたのは1970年代に入ってから。日本には1985年、昭和念公園に初の公式コースができました。今では40か国以上、9,000個所に近いディスクゴルフコースがあり、日本でもJPDGA(日本ディスクゴルフ協会)公認ディスクゴルフコースが49個所存在しています。

ディスクゴルフの用具説明

最低限これだけ知っておきたい!というディスクゴルフ用具説明です。コースにあるディスクゴルフの説明看板などでも出てくるワードですので押さえておきましょう。

フライングディスク

フライングディスクは通称「ディスク」、ゴルフでいうボールにあたる道具です。この円盤を飛ばして何投でゴールさせたかを競います。よく聞く「フリスビー」というのは商品名で、正式には「フライングディスク」と言います。

ティー(1投目を投げるスタート地点)

1投目を投げる場所(スタート地点)で、専用のマットやライン、杭が設置してあります。目印として近くに看板が立っている事が多いです。このティーの上からゴールに向かってディスクを投げましょう。

ティーがマットの場合
ティーが杭の場合

ゴール(ターゲット・バスケット)

大抵の場合はカゴのような形をしており、カゴにディスクが入ったらゴールです。

ディスクゴルフのゴール

看板の見方

ティー付近にはそのホールに関する情報が書いてある看板が立っていることが多いです。写真の看板の場合は、11番ホールで、ティーからゴールまでの距離が43m、規定数(PAR)が3打(ビギナーにとっては4打)という意味となります。

  • Hole11=11番ホール
  • 距離=43m
  • PAR(規定数)=3打
  • ビギナーPAR=4打

ディスクゴルフに必要なグッズや準備すること

ディスクゴルフで最低限必要なのは1人1枚のディスクのみ。レンタルディスクなどがある公園などへ行けば、手ぶらで遊ぶことが出来ます。そんな身軽さが魅力のディスクゴルフですが、こちらでは必要な物や準備等を記載していこうと思います。

ディスクゴルフ用のフライングディスク

前述の通り、フライングディスクが1人1枚あれば遊ぶ事が出来ます。施設によってはレンタルディスクを貸し出しているので当サイトなどで確認してみてください。

レンタルディスク
国営武蔵丘陵森林公園のレンタルディスク

スコアカード

何投でゴールしたかを記録しておくカードです。こちらも施設の受付などで貰える事がありますが、無い場合はメモ帳やスマホのメモ機能などで記録すると良いでしょう。

スコアカード
昭和記念公園のスコアカード

動きやすい服装

ディスクゴルフは良く歩き、時には草むらなどに入ったりする自然を満喫するスポーツです。歩きやすいスニーカーや汚れても良い服装で遊びましょう。

飲み物

市販の飲料水や水筒を持って行く事をオススメします。水分はこまめに補給しましょう。

タオル

汗を拭いたりディスクや服の汚れを拭いたり、あると便利です。

さっそくディスクゴルフをやってみたい!という方。続いて簡単な遊び方を学びましょう。

ディスクゴルフナビ公式Facebookページ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
初めてのディスクゴルフ
ディスクゴルフナビ
logo
タイトルとURLをコピーしました