Udiscの値上げと追加された機能

スコア

2020年あたりにUdiscのサブスクをされた方、そろそろ1年の更新時期になるよという方も多いのではないでしょうか?実は2021年になり、Udiscの料金が1年間1,840円に値上げされました。

Udisc Proのサブスク期限が切れました。Udiscの機能が使えなくなりますので、更新してください。」このような画面が出られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一気に値上げしたことについて海外でも様々な反応がありますが、「今までが安すぎた」、「サービス維持のために必要」など、概ね反応は良好な印象です。

今まで通りPDGA会員は無料特典は継続

ちなみに、PDGA会員特典にこの「Udisc Proのサブスクが無料」と言う特典があるのですが、この特典は値上げしても変わらずに継続だそうです。PDGAに登録しているけど、無料特典を受けていない方は、下記ページのプロフィールページを変更するところをみて、「LINK MY PDGA NUMBER」から自分のPDGA番号を紐付けましょう。

紐づけすると、登録されているメールアドレスに承認メールが届きますので、リンクをクリックすればOKです。

大きく変わった機能・サービス

Udiscがここ1年で大きく成長していることはアプリを利用していて肌で感じでいる方も多いかと思います。

例えば…

  • CardCast:スコアカードを友達と同期するという機能が元々ありましたが、これにLIVEという文字が表示されるようになり、プレーヤーがプレイ中にスコアカードを友達と共有できるようにするアップグレードしました。
  • CardCastを共有:さらに、プレー中に右上のマークを押すことで、LIVEで友人に共有できるようになりました。
  • スマートウォッチとの共有:アップルウォッチなどのスマートウォッチでもスコアが確認できるようになりました。

このような変更点はありますが、今回の値上げは、単純にUdsc Proで使える機能が増えたからという感じではなく、有料・無料問わず、使える機能やサービスの拡大という面が大きいように思います。

PDGAとの結びつきを一層強くし、UDiscアプリの有無に関わらず、Udisc LiveでPDGA登録トーナメントの結果を見る・さらにプレーヤースタッツを確認できるようになったのは、試合の楽しみ方の幅を大きく広げてくれました。

1年間1,840円という金額は決してアプリとしては安いわけではないので、必要・不必要の判断は人によってくると思いますが、今後も、自分のプレーを存分に楽しむことに加え、離れていても海外のトーナメントを身近に感じさせてくれるUdiscの更なる発展を、楽しみにしていたいですね。

logo
タイトルとURLをコピーしました