ひたち海浜公園マンスリー2022年の結果

月例会

第1回ひたちマンスリー2022年9月3日(土)の結果

およそ17年ぶりにリニューアルして再開されたひたち海浜公園でのマンスリー。
リニューアル第1回目ということもありプロ部門7名、アマ部門16名、シニア部門9名、合計32名ものプレーヤーさんが本大会を盛り上げてくれました。なお、大会はプロ、アマ、シニア部門に分かれ、各部門レディースと小学生以下のジュニアに1Rハンデ-6が加算されます。

シニア部門では前半43(-11)でラウンドした阿部選手が後半でも40台のスコアをキープして優勝を勝ち取り、同じく前半43でラウンドした谷田部選手が準優勝、安定したスコアをキープした宮本選手と前半5位タイだった和知選手が後半に追い上げ、両者3位タイとなりました。
アマ部門では佐俣選手と沖田選手がネット同スコアでダブル優勝となり、佐俣選手は第1回大会にてレディースプレーヤーの優勝という快挙を成し遂げました。また、同じく優勝の沖田選手と3位の田中選手は全プレーヤーを通してもグロスで2位3位となる結果を残し、アマチュアのレベルの高さが垣間見れました。

シニア/アマ部門にはトビ賞もあり、シニア部門では7位の五十嵐選手が、そしてアマ部門では6位の杉山選手、9位の吉田選手、12位のトーマス選手がそれぞれ賞品を獲得致しました。

プロ部門では荒波健太選手、井上選手、吉鶴選手、白井選手が後半トップグループでラウンドをし、チェイスカードのプレーヤーを寄せ付けることなく同グループ内プレーヤーで表彰となりました。結果は3位に白井選手、準優勝に吉鶴選手、そして、前半に圧巻の40(-14)を叩き出した荒波健太選手が勢いそのままに後半もハイレベルなラウンドをして、大会最高スコアにて栄えある第1回のプロ部門優勝を勝ち取りました。

また今回、井上選手が1R目のスタート18番ホールにて、オナーで投げた1投目が右から綺麗にバスケットに吸い込まれ、エース!大会スタート直後から大会を沸かせてくれました。井上選手にはエース賞としてディスクが贈られています。

日差しの暑い中となりましたが、沢山のご参加を頂き有難うございました。ひたち公園管理センター、茨城県ディスクゴルフ協会の皆様のご協力もあり、無事に運営を終えられホッとしております。第2回は10月1日(土)開催予定ですので、皆様是非ご参加ください。

→白井選手の大会所感(辰巳の森ディスクゴルフクラブ)はこちら

プロ部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1荒波健太404282 821位
2吉鶴真一444286 862位
3白井一夫454489 893位
4井上亨434790 90ホールインワン18番
5茅原翔474491 91 
6北原弘明494594 94 
7荒波恒平514899 99 

アマチュア部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1佐俣和木51459612841位
1沖田康紀424284 842位
3田中伸幸434285 853位
4北原三保子4950991287 
5横田愛雄444690 90 
6杉山武至444791 916位
7三枝尚貴474592 92 
8羽山雄程454893 93 
9吉田昭彦514697 979位
10丸島威尚504898 98 
11丸島海誠585511312101 
12トーマス ヘンソン4953102 10212位
13ザッカリー ブラウン 5451105 105 
14澤田豪彦5753110 110 
15飯田桃子636412712115 
16荒波丈次657113612124 

シニア部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1阿部金吾434992 921位
2谷田部三郎435194 942位
3和知亜通支494695 953位
3宮本重夫474895 953位
5塙勝雅465197 97 
6柴田紘一494998 98 
7五十嵐守5249101 1017位
8西牧正夫5252104 104 
9鈴木零大5254106 106 

第2回ひたちマンスリー2022年10月1日(土)の結果

10月1日、透き通った秋の空気と温かい日差しの中、第2回ひたち海浜公園マンスリーが開催されました。

プロ部門6名、アマ部門8名、シニア部門8名、合計22名ものプレーヤーさんにご参加頂き各部門にて常設コースを競い合いました。

レディースと小学生以下のジュニアに1Rハンデ-3が加算されます。

アマ部門では、初出場の加藤選手が唯一合計スコア100切り(95)を果たし優勝、北原(三)選手が前回から順位を上げ2位に、トーマス選手とザッカリー選手が3位タイ、荒波(丈)選手が7位トビ賞でそれぞれ賞品を獲得しました。
※大会では3位タイのザッカリー選手のみの表彰となってしまいました。3位タイのトーマス選手、申し訳ございませんでした。

シニア部門では、柴田選手が終始安定したラウンドによりアマとシニア合わせて1番のスコア(94)で堂々の優勝、同じく100切りのスコアにて谷田部選手が2位、続き和知選手が3位となりました。谷田部選手と和知選手は抜群の強さと安定した技術により大会2連続の表彰です。 

プロ部門では、前半3位から2R目ベストスコアにて追い上げた荒波(恒)選手と、1R目に今大会ベストスコアをマークした白井選手とが両者1位タイ、1投差で荒波(健)選手が3位となりました。

各プレーヤー沢山のスーパースローを魅せる中、第1回大会の井上選手のエースに続き、今回もまたエースが出ました!2R目、当日足場の悪かった常設ティから安全な場所へと少しティをずらした事で更に難易度の高いコースへと変化した3番ホール。トラビス選手の見事なコントロールスローによりディスクは非常にタイトなストレートラインを抜けてそのままバスケットへ!
トラビス選手にはエース賞としてディスクが贈られています。

最後にラッキー賞として、じゃんけん大会を行い山田選手が海苔を、ゴディッシュ選手が甘酒を獲得されました。

今回、ディスクゴルフを始めて半年というお二人がマンスリーに初参加頂きました。初めてのマンスリーとしても出場しやすい大会ですので、皆様のお越しをお待ちしております。

第3回は11月5日(土)開催予定ですので、皆様是非ご参加ください。

プロ部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1荒波恒平464591 911位
1白井一夫444791 911位
3荒波健太464692 923位
4井上亨484795 95 
4大畠浩明474895 95 
6北原弘明5348101 101 

アマ部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1加藤善474895 951位
2北原三保子50541046982位
3トーマス ヘンソン5354107 1073位
3ザッカリー ブラウン 5156107 1073位
5トラビス ノーウッド5558113 1132R目3番エース
6コディッシュ クリストファー6563128 128 
7荒波丈次676913661307位
8飯田桃子68761446138 

シニア部門

順位氏名1R2RグロスHCネット
1柴田紘一474794 941位
2谷田部三郎474895 952位
3和知亜通支4951100 1003位
4山田勝5249101 101 
5宮本重夫5351104 104 
6阿部金吾5352105 105 
7西牧正夫5354107 107 
8池長武志5761118 118 
logo
タイトルとURLをコピーしました