Invader(インベーダー)

Innova

Innova-Invader(インベーダー)の製品情報

SPEEDGLIDETURNFADE
3201

Invader
Invader横から
形状の似ているAvair3との比較

Invaderのフライトパス

フライトパス

使用ディスク/Invader
投げ方/RHBH(右手バックハンド)・Clockwise(時計回り)

製品説明

Invader(インベーダー)はAviar3(3/2/0/2)に形状が似たフラットトップのパターで、2020年夏にLuster Champion素材で発売が開始されました。Innovaのスピード2〜3のパターの中ではトップクラスでリムに丸みがあり、手のひらに添い、まんべん無く包み込むようなしっかりとしたグリップが出来ます。リムの深さはベーシックでAviar系統のパターを愛用しているプレーヤーには特に違和感がありません。強い力で投げ出してもターンし過ぎる事がなく、ティースローから長めのアプローチの距離ではややアンダーからストレートな軌道で飛行します。癖が少なく始めたばかりの人にも扱いやすいディスクです。

名前Invader(インベーダー)
名前の由来侵略者、侵入者、侵略軍
ブランドInnova(イノーバ)
販売業社Innova(イノーバ)
公認2020.5.28
認定番号20-37
素材Luster Champion/Nexus/DX
フライトナンバー3/2/0/1
特徴1パター&アプローチ
特徴2フラットトップ
最大重量176.0g
直径21.2cm
高さ1.9cm
リムの深さ1.5cm
リムの厚さ1.0cm

プレーヤーレビュー

インベーダーの飛行をフライトナンバーや形状の近いInnovaのエビア3、discmaniaのP3xと投げ比べしています。また、実際の軌道をフライトパスに落とし込んでいますので、参考にしてみてくださいね。

Innova-Invader(インベーダー)、Aviar3、P3xの投げ比べ
プレーヤーの実際のスローによるフライトパス

レビュー1 長岡健太選手-Kenta Nagaoka #8177

P3x、Invader、Aviar3の3枚を投げ比べた感想でいうとP3xが1番オーバーで、次にInvader、そしてAviar3の順番。Aviar3が1番ストレートが強いです。ディスクの伸びはAviar3が1番伸びが良く、次にP3x、最後にInvader。Invaderはボトっと落ちグライドが低く伸びが無い感じです。

短距離をコントロールするのならInvaderはもってこいで、長距離を投げるよりはアプローチとかで使うと向いているのではないでしょうか。日本の短いコースなら使いどころがたくさんあるのではないかなと思いました。今回投げたInvaderのLuster素材では無くDX素材で考えた場合、飛びが近かったP3xで判断するなら、P3xはD-LINE(DX系素材)の方が直進性が強くて伸びがあるので、それと同じになるのならばボテっと落ちる感じが消えて、より遠くを狙えるディスクになるのかなと思います。

レビュー2 ディスクゴルフナビ編集部

癖や目立った特徴が無いタイプで、それだからこそパターで重要視される「握り心地」の新しい選択肢としての需要が考えられます。Flexibilityの値はパター形状の中で比較的低く(柔らかく)、Luster Champion素材でも衝撃吸収系のパターにみられるクッション性の高さを感じる為、チェーンへ絡みやすいのではないかと思われます。浮遊感は数値(グライド2)より低いような感じで、同ブランドのBullfrog(3/1/0/1)とかに近いのではないでしょうか。コントロールして長距離を狙うよりはアプローチやパターに特化したパターらしいパターです。

logo
タイトルとURLをコピーしました